CanLya blog

SHOW BY ROCK!!中心にイベントとかグッズとかの感想とかレビューとか

『Live Musical「SHOW BY ROCK!!」-狂騒のBloodyLabyrinth-』メモ(9/17)

鑑賞メモ

鑑賞予定:8/30、9/2昼夜、9/8夜、9/9夜、9/17

  • 公演:2018年9月17日 13:00~(リク役:宇佐卓真さん)
  • お席:上手端 / 前~中方
  • アフターイベント:千穐楽スペシャルカーテンコール

1公演だけだけど、関東から遠征!

梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ

会場が地下! ケータイの電波が入らない!
開演前の客席でソワソワしている時間はスマホをいじって気を紛らわせているけれど、叶わず。

そうしたら隣のお姉さんが話しかけてくれて、聞くと今回が初めての鑑賞、それも初しょばみゅ、むしろ初2.5?…って感じで、「作法とかもわからないので大人しくしていようと思って…」と仰るので、ペンライトを押し貸し
結果的にとても楽しめたと喜んでくれて、終演後も出口まで少し会話したりして、ある意味で今公演での一番の思い出になったかもしれない。お姉さん、とってもサンキュっ☆

さて劇場は、何かすごく音が響く!
お三味線とかで、調律が合うと「ビィィィン」って震えるような音がするけど、そんな感じ。
メイプルちゃんの歌声とか、際立ってすごい。ホワイティーズがセリフを言うときの「アォーン」って喘ぎ(?)も面白い感じに。でもバンド楽曲ではボーカルに変なエフェクトかけたみたいで、個人的にはちょっと合わないかなって思った。

ツインズ

フィナーレでなぜか「アルプス一万尺」をやってたのが、二人の世界すぎてわたしにやばい。「せっせっせーのよいよいよい」だけかと思ったら、わりとしっかりやってた。大丈夫か(色んな意味で)。

ラストの「一つになろうぜRockと共に~」では、みんなが左腕を上げて指を立ててって場面で、でもカイ君だけ、左隣のリク君と肩を組むので右腕を上げてて、ねー、もう本当に最強のペアだと思うよ。

あとは、細かいところだと、暇つぶしゲームからのラジオなシーンでの、リク君の「邪魔しないでよね」はちょっと良くなってた気がしてきた……そう、温和で柔らかい感じでなくていいんだ、うん、そういう、ちょっと子どもっぽい感じだと合う気がする。子どもが拗ねるような。

カーテンコールでは全員一言ずつ、で、カイ君役のるい君は何か一人ですっごい尺取ってた気がするけど、大丈夫?大丈夫?(わたしはありがたいけど)。本編の日替りパートを受けてのコメントもあったけど、DVD収録では意味不明にならない?大丈夫??(わたしは大丈夫)。

リク君役のゆうたろう君は、ツイッターでも呟いていたけど、本当は自分が全公演出たかった、正直悔しい、って感じのことを言っていて、そういう感情も素直に言えるっていいなーって個人的に感心した。いつまでもリク君のプレシャスなお友達でいてほしい。

ツインズ以外

(「ツインズ以外」って見出しも酷いな…)

今回初めて上手前方で、なのでフカシギミックの路上ライブシーンで比較的近くにクロウ君が来たけど、改めてお顔綺麗ね…。

アルゴン君はセレン君どころかチタン君も担げるのはすごい。でもBigHillCityに着いてからの扱いはどんどん雑になっていってて笑う。

他にも細かい部分でいろいろあるけど、頭が既に統括モードに入ってしまっているから、まとめの感想に総合して…。

最後はスタンディングオベーションってやつでした。たぶん初めて?
座長が最後にお辞儀をしたタイミングで一斉に…とかではなく、演者がみんな捌けてからもそもそと立ち上がる人が出てきて(最初は早く帰らないといけないビジーな人なのかと思った)、回りもつられてというか空気を読んでというか。みんなペンライトを持ってるし、スッとスマートに立ち上がるのはちょっと難しいね。ストラップを付けているとはいえ、手首からぶらぶらさせるのはアレだし、できれば置くかしまうかしたいし……ということで、もそもそ。

予定されている公演はこれで全部終わりだけど、寂しいとかはあまりなくて、カラッとした気持ち。楽しかったーー!!って爽快感。