CanLya blog

SHOW BY ROCK!!中心にイベントとかグッズとかの感想とかレビューとか

キャラクター宛のファンレター

ふみの日なので、お手紙について書いてみます。

f:id:canlya:20171209183106j:plain
いい感じの画像がなくて、とりあえずしょばすとにあったポスト。

※あくまで「わたしの場合」です。

キャラクター宛のお手紙……しょばすとではMIDICITY宛のお手紙を預かってくれたので、この機会にファンレター書いたよ!って方も多かったんじゃないでしょうか。
もっと以前だと、アニメ1期のパッケージイベント第1弾『クロウ生誕祭』のイベント会場にも、出演者さん宛のものに混じってクロウ君宛のプレゼントボックスが設置されてたり、SB69においてはキャラクター宛のお手紙も受け入れられてる感があるよね!
なので、応援のお手紙はガンガン送ってもいいんじゃないかっていうのは、かねがね思っている次第です。

でも、キャラクター宛のお手紙って具体的に何書くの? どこへ送るの?宛先は?? ……って感じに、送ってみたい気持ちはあるものの、どうしていいか悶々としている人もいるかと思うので、「わたしの場合」を書いてみました。
参考にはならないかもしれないけど、「へぇ~、そうやってるんだ」ってことがあれば幸い。逆に、「いやいや、それはマズイよ!?」ってことがあれば訂正するのでこっそり教えてください(切実)。

お手紙を書く相手

もちろん応援している相手だよね!
本人へ直接伝えるのが照れくさい場合は、メイプルちゃんとかジュダさんとか、スタッフさん宛に伝えるのもアリなのかもしれません。

わたしの場合、お手紙の相手はカイ君。トライクロニカのドラム担当・カイ君!
オリジナルバンドのキャラクターで、何たって人気ナンバー☆ワンのシュウ☆ゾー君率いるバンドのメンバーだから、アニメやミュージカルにも出させてもらってるしグッズもそこそこ出るし、『SHOW BY ROCK!!』の中では活躍させてもらってる方だけど、何だかんだいってもシュウ☆ゾー君のサポメン止まりだから、プラズマジカやシンガンクリムゾンズみたいな主人公バンド、チタン君やアイレーンちゃん様みたいなメインボーカルと比べるとちょっと弱い、そんな立ち位置! カイ君!!☆☆

お手紙を書くタイミング

わたしの場合、ここ最近は3ヵ月おきくらいに書いて出してます。継続して定期的にアクションしたい気持ちがあって、でもあまり頻繁だとウザいかなって思うのと(自意識過剰)、そのくらいのスパンだと、リアルやアプリ内のイベントで、いい感じの話題量になる感じ。

アイドルとか「現場」のある相手だったらその都度ファンレターを書いたりっていう話も聞くね、舞台俳優さん宛なら公演ごとに感想を書いたりとか。
わたしが初めてお手紙を出したのも、AGF2014だったかな?、初出展の時で(イベント出展自体、リリース前の超会議以来だったと思う)、きっとブースにSB69担当の人がいる!って思って、この機会に気持ちをしたためて持っていったのです。これもある意味「現場」かな、あの時ファンレターを預かってくれたお兄さんには今もトキメキ感謝。

他に、バレンタインとお誕生日にはカードも。年賀状も出してみようかなぁ。
お手紙書いてみたい~でも何となくキッカケがない~~って時は、そういう季節のイベントやキャラクターのお誕生日、あるいはブロマイド追加や新曲実装なんかのタイミングも、キッカケとしてちょうどいいよね。

お手紙の送り方

MIDICITYへ直接送ることができればいいんだけど、そうもいかず。

届ける方法としては2パターンあると思っていて、

  • イベントでスタッフさんに託す
  • 郵送する

いずれにしても「サンリオ」へ一旦届けるのがいいかな、って思ってる*1

イベントでスタッフさんに託す

しょばすとで預かってもらったのもこのパターンだけど、AGFやコミケにブース出展してる場合、MIDICITYと繋がりのあるサンリオの社員さんも在席されていると思われるので、スタッフさんにお願いしてます。預けたスタッフさん自身は応援やアルバイトの方だったりするかもしれないけど、SHOW BY ROCK!!担当の方を直接ご存知の可能性が高いし、それでなくても企業柄、キャラクター宛のお手紙の扱いは慣れてそうだし……あ、そういう意味では、コミケにいるレイヤーさんなんかは外部のコンパニオンさんの可能性大だから、そちらじゃなくて物販とかのスタッフTシャツやジャケットを着ている方に頼んでます。カイ君の手元までなるべくダイレクトに届いてほしい…って気持ち。

お願いするときは、午後のあまりお客さんがいなくて手が空いてそうなタイミングを狙ってます。「きっと喜びます~」ってニコニコ預かってくれるんだけど、一方で、ただでさえバタバタのイベントで余計な荷物を増やしちゃうかな…いやでも他の人からの差し入れなんかもあるだろうし、些細なことかな……などとアンヴィヴァレンスな気持ちもある。
しょばすとは「喜んで預かりますよ!!ウェルカム☆☆☆」って感じだったので、本当にお願いしやすかった…。

ライブとかミュージカルとかきゃにめ関連のイベントや、コラボイベント、カフェや物販イベントでは(それこそキャラ宛のプレゼントボックスでも設置されてない限りは)、渡すのは避けてます。スタッフさんもぽにきゃんやコラボ相手、イベント会社の人が多そうで、サンリオの人もたまには様子を見に来るんだろうけど、頻繁にいるわけでもないと思うので。

郵送する

時と場所を選ばず送れるのはやっぱり郵便。

宛先は、っていうと、やっぱり株式会社サンリオ……「いちご新聞」のコラムでもよく話題にしているように、いちごの王様(=サンリオ社長)はお手紙推進派なので、ここは臆せず送っていくスタイル。

表書きについては、ちょうど今月号のいちご新聞に参考になりそうなものがあるので、ちょっと引用。

f:id:canlya:20180723222332j:imageいちご新聞2018年8月号(通巻第606号)P3

決して「キャラクター宛のお手紙はこんな風に書いて送ってね」ってやつじゃないんだけど、住所まで明記してこんなに細かく書いてあるんだから、参考にしてもいいはず…。
この図では住所もきっちり書いてあるけど、一方でキャラクター大賞の投票なんかでいちご新聞編集局宛にハガキや封筒を送った時の宛先が「郵便番号+株式会社サンリオ いちご新聞編集局 ○○係」…だったように、サンリオは個別の郵便番号を持ってて、住所なしの社名だけで届くの。むしろ(この図では書いてないけど)社名はあった方がいい気がする。まぁ、書きやすいように書いていいと思います。

宛名は、わたしは大抵「SHOW BY ROCK!! トライクロニカ カイ君」って感じに書いてる……バンド名とか個々のキャラクター名だけだと、お手紙を処理する人がわからない恐れがあるので、「SHOW BY ROCK!!」っていうのは入れた方がいいかな、とかは考える。
それはそうとして、やっぱり「カイ君」って馴れ馴れしいかな…でも「カイ様」って何かよそよそしい気もするし…いやでも文中ならともかく宛名は……などと常にグルグルしている。いちご新聞の見本(でもない)も「様」なんだから、倣うべきか…。

お手紙の内容

基本的には好きに書けばそれでいいんだけど。

ペンとかレターセットとか

ペン

封筒の宛名書きには黒のゲルインキボールペン、本文には黒やブルーブラックのフリクションペン+ワンポイントにカラーペンを使ってます。本当はフリクションはあまり使わない方がいいんだろうけど、気持ちが先走って書き間違いすることが多くて…。

f:id:canlya:20180723234613j:image

こんな感じに、次の文字と合体してしまったり、そのせいで脱字も多い……脱字はコレ、2画目というより1画目の時点で気持ちが「す」に移行してるね。もっと落ち着いて書けばいいんだけど。

フリクションペンで書いて、郵送中に文字が消えちゃうってことはそんなにないとは思うんだけど、それでも夏の日中の車内に放置されたり、熱のこもったPCや電化製品のそばに置かれたり、うっかりカフェオレのカップを乗せちゃったり、消えてしまうリスクは意外と高いね…。

ワンポイントのカラーペンは、文末に「☆」とか「♡」とか絵文字を付けたりもするので、そこだけ色を変えたり。こういうのは相手によりけりだね。わたしの相手はカイ君なので、文字ばかりだと読みづらいかな…って思うんだけど、逆に、たとえば徒然の人たち宛だと、筆ペンで縦書きのお手紙の方が喜んでもらえるかも!、とか。

便箋・封筒・レターセット

当たり前にありきたりだけど、送る相手が好きそうとか、あるいは縁があるモチーフや似合いそうなデザインを選んでます。

わたしは便箋1枚あたりにいっぱい書きたかったから、罫線とワンポイントをデザインしたのをB5のカラーペーパーにプリントした自作便箋を使用。

f:id:canlya:20180723222409j:image

封筒は市販のもので、大きいト音記号が印象的なデザインのを愛用。やっぱり音楽モチーフだよね! これは洋2変形って感じのサイズで、B5三つ折が入るのも嬉しい。

f:id:canlya:20170602004207j:image
切らしていて去年アンケートを送った時のこの写真しかない。

それから、一度だけキティちゃんのレタセも使ったことがあるーーキティ&ミミィが星を眺めている、ツインズ×星空のデザイン! とってもミラクル☆ツインズ!!

f:id:canlya:20180723222431j:image

そんな感じで、基本的には毎回同じ便箋&封筒を使ってたんだけど、やっぱり色んな柄のを使ってみようかなぁ~とも思ってきているところ。お店へ行くと本当に色んな色柄種類のものがあって、「これカイ君が好きそう!」とか「このデザイン、絶対カイ君に似合うぅ」とか、やー、実に楽しい。

封緘にはカイ君のシールとか、たまにカイ君の好きなシュウ☆ゾー君のシールとか。

f:id:canlya:20180723222453j:image

ちゃんと糊や両面テープで封した上で、「〆」を書く代わりにシールを貼ってるよ。

切手

郵送する時は切手もこだわりたい!

基本はサンリオキャラクターの切手をよく使ってて(ピューロランドに売ってて入手が容易なもので)、リトルツインスターズ*2とか、マイメロディ*3とかをチョイスしがち。

f:id:canlya:20180723222534j:image
使いさし。

去年の「ふみの日」切手には☆形のものがあって、これは!!と思った。

f:id:canlya:20180723222547j:image
使いさし。

記念切手もレターセット同様、眺めていると「カイ君にぴったり~☆」ってデザインのものとか見つかって、もう「ぴったりデザインの切手を見つけました!」って報告のためだけにお手紙書きたくなる。

下書き

道具も揃えたところで本文ですが、便箋に書き始める前に、まずはスマホのメモに下書きして、それを便箋に写し書くようにしてます。書き写しながら調整することも多いけど、基本的には語尾とかまできっちり。

最初からできあがりの文章を書き始めることも多いけど、下書きの前に、プロットというか、盛り込みたい話題をピックアップして箇条書きにして、後から「あのことも書きたかった!」ってなることを減らすようにしたりとかもがんばってます。

書き出し

だいたい毎回「いつも応援してます☆」って感じの書き出し。

そんなことより、書き出しっていうと付いて回るのが「名乗り」だけど、「○○と申します」って感じに自分の名前って書く? 書かない??
わたしは、自分の存在をアピールしてるみたいで気恥ずかしいな…って思っちゃって名乗らないんだけど、一方で、無記名匿名の手紙って一般的に不審物じゃない?恐怖の対象じゃない??…とも思うところもあって、いやそもそも、最初にさらっと名乗ったり文末に住所氏名を記入するのは一般的なマナーであって、アピールだなんて感じちゃう時点で既に自意識過剰なわけなんだけど……

よし、次からちゃんと書こ。

あ、郵送するときはちゃんと封筒の裏に差出人住所氏名は書いてるよ。こっちは書かないと、郵便屋さんが困っちゃうからね。

本文

もう、好きーーーに書いてる……内容自体は、イベントとか曲とかブロマイドの感想で、だいたいこのブログに書いてる内容を本人が見ても大丈夫なように整えて…って感じ(に書いてるつもり)。

それで、基本的に敬語。敬語というか、ですます調。時々崩れる。このブログよりも、もうちょっと丁寧な感じ…かな。
馴れ馴れしいのはダメ。でも、堅苦しいのも避けたい。そんな気持ち。

あとは、何というか、正直なところ、多少は「背後」も意識はしてる……つまり、担当スタッフとか作者とか。
別に難しい話じゃなくて、たとえば「しょばすと行ってきたよ!店員さんも優しくて楽しかったよ!」って感じに、カイ君に報告する体で(カイ君とは特別直接の関係はない話題の)感想を伝えたり…みたいな、そんな感じ。

書式的なところでいえば、話題ごとに空行を入れてブロックを区切ったりして、読みやすくなるよう心がけている…つもり…。
改行も、いわゆる禁則処理みたいなのは気をつけて、あとはなるべく文節とかで改行するように(…と思うんだけど、やっぱり単語の途中で改行しちゃったりはする)。
あとは先述の通り、「☆」とか記号をワンポイントに入れてアクセントにしたり。

長さは、書くときはあまり意識しないんだけど、だいたいいつもB5いっぱいに書ける便箋2~3枚になってます。やや長め?
市販のファンシーレターセットはA5くらいの便箋2枚に封筒1枚って割合のセットが多いので、そのくらいの量がちょうどいいのかなぁ~なんて思ったりはします。

しかし、ファンレターってラブレターみたいなものだから、あまり内容についてアレコレ言うのもどうかなって感じね。

結び

「体に気をつけて~」的な定番の文章と、あとは「これからも応援していきます☆」みたいな。

あと日付。
届いてすぐ内容を確認できるとは限らないし、いつ書いたのか、って日付は大事よね。書いた日でも、投函したりお渡しする日でも、どっちの日付でもいいと思うけど、だいたいどの時期に書いたかっていうのはあった方がいいんじゃないかな。

本当は日付+署名っていうのがいい気がするんだけど、恥ずかしくて名乗ってないので、代わりに「愛を込めて」とか「with love」みたいなことを書いたりもしてる。「敬具」みたいな気持ちなんだけど、ちょっとアホっぽいね…。

そんなわけで

自分が普段どんなお手紙を書いているか思い出しながら記事を書いてみたんだけど、悪い意味で「書き慣れて」しまっているかなぁ…という気分になってちょっと落ち込んだので、次に送るなら初心に帰って、読んだときに喜んでもらえることを意識して心がけて綴りたいと思います。うん、エゴはよくない。

*1:役者さんやタイアップ元のバンドさんを経由した方がいい場合もあると思うので、状況に合わせてどうぞ

*2:「双子の星」という、ツインズとのミラクル☆シンクロ

*3:SB69Mでカイ役だった月岡弘一さんが以前ピューロランドでのショーでマイメロと共演していた、という無理やりな縁