CanLya blog

SHOW BY ROCK!!中心にイベントとかグッズとかの感想とかレビューとか

「ロージア」1/7スケール PVC製 塗装済み 完成品 フィギュア(ベルファイン)

わが家にロージアちゃんがやって来ました。

f:id:canlya:20180703152604j:image

最初のお知らせがたしか2016年夏のWFで、ちょうど2年だね。

カメラも撮影ブースもないけど、いっぱいお写真撮ってみたよ!

外箱

f:id:canlya:20180703152620j:image

大きい。

正面・側面・天面にそれぞれハート型の窓。さすがロージア。ミニキャラがワンポイントでいるのも何だか嬉しい。

全体

さっそく取り出します。
本体、台座、支柱2本。説明書とかはないので、製品写真を参考に、台座に足を固定して、支柱は向かって左側に長い方、右側に短い方……合ってるのかな。

f:id:canlya:20180704085841j:image

箱内面の台紙を背景に。台紙は手前に固有名詞が入っているものの、ハートまみれで他のフィギュアやぬいぐるみにも使ってもかわいくなりそう。

f:id:canlya:20180704085920j:image

フィギュアの方は、髪の毛が横に広がってる分、他のものと比べると飾るにもしまうにも場所を取るので、その点で敬遠されそうなところではありますが、しかしそのツインテールが何よりの魅力。

ということで。

ツインテール

見所はやっぱり髪の毛の表現じゃないかな!

f:id:canlya:20180704090520j:image

伸ばした左腕にふわりとまとわりつく髪の毛が3次元作品ならではって感じで、ここが特にときめく! ひと目見て琴線にピィンと響いて、あー、コレは購入に値する。

反対側もうねりがいい表情。

f:id:canlya:20180704090532j:image

全体の流れるようなシルエットはもちろん、ふわりと舞う細い毛束とか、ぴょんと踊るような毛先とか、毛筋まで細かく作りこまれたハート型のアホ毛とか、細部もキュート☆☆特徴的なツインテールの先も、「ロージア」って名前の通りバラのような華麗さ。


f:id:canlya:20180704091229j:image

f:id:canlya:20180704091039j:image

f:id:canlya:20180704091035j:image

f:id:canlya:20180704091031j:image

ツインテール自体は元々ボトムにボリュームのあるシルエットだけど、軽やかでやわらかい印象がとってもJCアイドル。

支柱

ちょっと脱線して……ツインテ用に支柱が付くって聞いてから、サンリオアニメストアでCDジャケット柄アクリルバッジを調達しておきました。
柱にくっつけたら、ほらかわいい!

f:id:canlya:20180704091326j:image

アクリルバッジのバッジパーツを外して、とりあえずお手軽に裏からマスキングテープで留めています。

支柱云々抜きに、もうちょっと早く一緒に飾ろうって思い当たって、しょばすと時代にバンドロゴバッジも買えてたらよかったなぁ~と思いつつ、でも2つ付けるだけで十分賑やかだし、いっか。

ギター

ロージアちゃん愛用「ホワイトチェリー」。

しっかりピンクの弦が張ってあります。弾けそう。

f:id:canlya:20180704091605j:image

他メーカーからこれまで出たシアンちゃんやクロウ君もギターの作り込みがすごかったけど(キューズQの水着シアンちゃんなんかは、原型担当さんに並んでギター監修の方のお名前があったり)、やっぱりここは版元のコダワリがあるのかなぁー。

肩や右肘に固定されてるので、取り外す場合は自己責任で。

その他

気になったところをちょいちょい。

リボンで隠れがちな胸元は、寄せて上げて。

f:id:canlya:20180704092537j:image

肋骨からウエストにかけてのラインってついつい目が行くね。


f:id:canlya:20180704092611j:image

f:id:canlya:20180704092606j:image

腋もいい感じ。

へそチラ。

f:id:canlya:20180704092631j:image

やっぱりアバラ回りはいい。

おみあし。
この、無理な体勢感のある脚のラインが個人的に好みです。こういう角度好き。

f:id:canlya:20180704105317j:image

体のパーツとして筋肉はあまり好きじゃないけど、ふくらはぎの内側の筋肉だけは唯一許している。第二の心臓というだけはある。


f:id:canlya:20180704105154j:image

f:id:canlya:20180704105200j:image

この、腿から足首へ細くなっていくのに、ふくらはぎ部分で一度膨らむってシルエットに、ただ折れそうな細い脚というんじゃなく、生まれたての子鹿のようなか弱さと力強さの同居する人体の神秘を感じます。それはそうとて、お膝もかわいい。

膝小僧もいいけど、肘もいい。

f:id:canlya:20180704133408j:image

アイレーンちゃん様が「偽証を塗り堅めた」と称すお胸はともかく、腕も脚も腰つきも、全体的に華奢な体つきで、未成熟な少女の雰囲気がとってもいい感じです。ロリータというかニンフェット的な。

f:id:canlya:20180704152329j:image

ネイルは強めのピンク。ナチュラルカラーじゃないところが、ロックアイドルって感じ!

f:id:canlya:20180704133706j:image

お顔。

f:id:canlya:20180704133856j:image
ウインクしてる右目側に力が入って、頬なんかも若干右上がりなのが、より表情を生き生きさせていいよね!

真横とか、角度によってはお顔が平坦なのが気になるけれど、でも正面から見てかわいいのが一番というか、何なら目の合うベストな角度をベストにかわいくしてくれているロージアちゃんの配慮かもしれない。

パンツは展示サンプルの時から色は変わっていないみたいです。レオタード?って一瞬思うけど、おへそが出てるからやっぱりパンツなんだよねー。
一度バラして好みの色柄に塗り直してみたい気がするけど、特段経験もなく取り返しがつかない事態になるとアレなので、もうしばらく普通に堪能してからチャレンジします。

細部をじっくり見ていると、パーツのつなぎ目が浮いてたり、塗装・組立て時のキズ?(わたしが爪を立ててしまったわけではない…)があったり、ところどころ処理やら気になる部分はあるかも。

f:id:canlya:20180704134204j:image

まぁ基本的に目立つ場所じゃないし、どうしても気になるなら、そこはもう自身のスキルを高めて補整していくべき領域……(いずれは自分ナイズできたらいいな)。

当初は3月末の発売予定だったけど、延期して6月末発売で、まぁそんなことは殊フィギュアではよくあることです。メイプルちゃんは電波を受信していましたが。

むしろ気づけばロージアちゃんのお誕生日目前で、そっちに合わさったカタチにも思えて、さすがロージアあざとい。

企画がまだ死んでいなければ、次はロージアと一緒に発表されていたレトリーに手がつけられるんでしょうか。今月末のWFで何かお知らせくるかな?
メーカー自体は設立されてから3年目? 若いところだけど、がんばってほしいね。

f:id:canlya:20180704134635j:image