CanLya blog

SHOW BY ROCK!!中心にイベントとかグッズとかの感想とかレビューとか

『Live Musical「SHOW BY ROCK!!」-深淵のCrossAmbivalence-』DVDリリース記念イベント

お写真など撮っていないので文字だけ。

f:id:canlya:20180625153347j:image

しっかり参加してきたリリースイベント☆☆☆記事を書く予定はなくて、特に日記なんかもつけず心のメモリーに刻むのみだったのだけど、やっぱりFESに向けてちょろっとメモ。
記憶もあやふやなので(特に5月)、嘘とか勘違いを書いてたらゴメン。

関連記事

5月19日

開演前

出かけるのが遅くなってしまって集合時間の5分前に会場到着。セーフセーフ。
時間が来て、まずは整理番号順に整列。1から順番にスタッフさんが呼び出すスタイルでなかなかスムーズ。250人ほどの参加みたいでした。
ちなみに整理番号は「C000」という番号で、おかげで「A001~100、B001~100、C001~100の計300人かしら」などと人数的にも妥当で微妙に合点がいく解釈をしていたせいで呼び出しに出遅れて、些細なことだけどアルファベットも含めてちゃんと呼んでほしい……おそらく頭の「C」はきゃにめの「C」で6月のイベントと区別するための記号なんだろうけど、下手に「C」とか若いアルファベットだったせいでこんなことに…。
とはいえ、さくさく並べたのは良かったです。待ち時間長かったけど。

開場したら、客席までスタッフさんの誘導があって、お席も整理番号順を保ったまま前列の端から詰めて座っていく感じ。わたしは若い番号だったので、後ろの方まできっちり番号順に着席したのかはわからないけど、前回なんかは完全自由席だった気がするので、きちっとしてた印象です。

お席が確保できたら開演までそわそわ。
ハイタッチ会があるからお手拭ティッシュくらいは用意しておこうと思いつつ忘れたので、とりあえず手洗いだけしておきました……隣に座っていたお姉さんは小まめにハンドジェルを摺りこんでいて、これが嗜みっていうものよねと我が身を反省。

開演

登壇はクロウ役の米原さんと忍迅の辻さん、井阪さん、高橋さん。嵐役の辻さんがMC担当。
前半トーク、後半ゲームコーナー、最後に参加者向けイベント(今回はハイタッチ会)というお決まりの構成。
人数もそんなにいないので、こうアットホームというか、最後もハイタッチでお別れで、距離も近く感じるイベントでした。

あんまり詳細に書いてもしょうがないし、印象的だったことだけ羅列(順不同)。

  • 米原さんを何て呼ぶか問題
  • 燐ちゃんのおっぱい
  • 朧の動き
  • 公演中はずっと人狼やってた

燐役の高橋さんが、元々テレビや人気作品の舞台やらに出演なさってたのもあって、ご本人の人気や知名度もずば抜けていると伺っていて、そのせいか本公演時のアフターイベントなんかでは目立ちすぎて場を食わないよう少し控えめだったんじゃないか的なことを聞いていたのだけど、なるほど今回はぐいぐい食い込んでくる……それはそうとおっぱいの話は面白かったです。

ライブ中の朧の、右肩と左肩を交互に突き出す、その場反復横跳びみたいなあの独特の動きも話題に上がって、井阪さんも今度のFESでは観客のみんなもぜひ一緒にやってほしいとのことでした。癖になるよねー、あのパフォーマンス。

後半のゲームコーナーは心眼お絵かき対決!
優勝者への景品はアマゾンギフト券!(えええーーー)
いつもならキティちゃんやぐでたまの何かってところなのに、でももらった本人はとっても嬉しそうでした。わかるけど。

しかし今回はお絵かき対決のお題に「ハローキティ」があったくらいで、サンリオ色のとても薄いイベントでした。いや別に無理にサンリオ的なものをねじ込まなくてもいいんだけど、投票期間真っ只中だったキャラクター大賞にも一切触れられなかったので、ちょっと意外。

終演

最後はハイタッチ会。

開場準備の間に、わたしたちも腕時計とかを外したり荷物を纏めたり。ハイタッチ会って初めてなんだけど、装飾品は全部外すんだね。たしかに、言い方が悪いけど流れ作業みたいなものだし、うっかり引っかかると危ないもんね。

さっきまでお話していた舞台に会議机を置いてハイタッチ会場に。
最初に整理番号順に座った順に、前方端からハイタッチしてお別れです。一瞬だけど、それでも緊張で内心めっちゃ具合悪かったーー何とか、できる限りの笑顔を。
一瞬だし無駄に緊張してるしで感触とかも正直よくわからなかったんだけど、しっかりとした大きな手だなって印象が強く残りました。そして後から考えると、あの手でギターやらベースやら弾いてるのかー、あー…ああー…!!

6月16日

1部2部ともに参加。内容はごちゃまぜ。

開演前

思ったよりは遅くなったけど、わりと余裕をもって到着。来たことある会場だったから、道にも迷わず助かるー。
人数はお昼の回も夕方の回も、整理番号的には500人くらい。100番ごとの札が立ってて、それぞれ整列してくださーい……という、5月とはうってかわって来場者任せの列形成で、ある程度は声を掛け合うものの、当然のように列はぐちゃぐちゃ…。後でスタッフさんも番号を確認していたものの、メール画面を目で見るだけで声出し確認はなく、ちゃんと番号順になっているんだか何なんだか……出しゃばりと言われようが、有志が仕切って整列した方がかえってスムーズで番号もみんなで確認できて良かった気がするけど、しかしそんなリーダーシップは持ち合わせていない。

お席は前方から整理番号順というか、受付の段階で既に順番が崩れていた気もするので受付順…。

開演

登壇はシンガン役の米原さん、輝馬さん、鳥越さん、トライクロニカ役の鎌苅さん、ゆうたろうさん、木原さん、MCにエムシ役のKIMERUさん。「アダム役」じゃなくて「エムシ役」って書いてた。

今回もトークしてゲームして参加者向けにプレゼント抽選会。人も多くて賑やかな印象でした。

舞台上は下手からMC、シンガン、トライクロニカって並びで、シンガン側にシュウ☆ゾー役の鎌苅さんって席次。トークとか、MCから振られた話題がシンガンで止まってしまいがちだったのを鎌苅さんがトライクロニカ側へ引き戻す的な構図になってて、こうやってバンドごとの雰囲気が形成されているんだなと。

内容はどんな感じだったかな……前日に全員揃ってのお稽古があったばかりということで、ホットで熱いトークも聞けました。

  • 各バンドで新曲あるよ!(※でも白シャツさんはなさそうな気もする…)
  • クロウ君は新しいお歌が3曲、1曲はバンド曲、1曲は各バンドのボーカルみんなで歌う曲、もう1曲は全員で歌う曲
  • お芝居というかMC部分も両日内容が変わると思うから、ぜひ2日間参加してほしいな!

そんな感じだったかな……トライクロニカはカイ君のドラムが見どころっぽいです!
あとロム役・郷本さんの腹筋の鍛え方の話が面白かったです。

本公演の方にも話題が及んで、台本まだ貰ってないよ!とか、「謎のバンド」の役者さんてどんな人?誰か共演したりお話したことある?とか。新キャストの皆さんタッパのある人たちだそうなので、条件に合いそうなところだとフカシギミックあたりかしら…。

あとは、今回登壇なさらない方も映像出演という形で、1部2部合わせてほぼ全員出演って感じの豪華な内容でした。忍迅とアルカレは音無しの稽古動画も見せてくれて。イヴ役の吉岡さんだけいらっしゃらなかった形で、かえってちょっと残念な気持ち。

その他の何気ないトークでは、最初の方でクロウ役の米原さんがヤイバ役の鳥越さんに対して愚痴ってたサーフィン云々の話は5月の時にも話題に出ていて、両方聞けてたら楽しさちょい足しレシピ。人狼の話題とかも毎回出たなー。

後半のゲーム大会は、バンド対抗で1部がクイズ対決で2部が演技対決。

クイズ大会はオチがオイオイオイって感じもしましたが、でもラスト問題の正解VTRはとても良いものだったと思います。あと正解者に贈られる花輪(レイ)を着けてる姿がかわいかった。

演技対決は、何か圧倒的だったね……むしろ罰ゲームの方がメイン?
公式ツイッターにアップされてた例の写真だけど、得意分野だから撮影係に積極的に立候補するリク役のゆうたろうさんとか、それを場の感じも見ながら制御しつつ盛り上げるシュウ☆ゾー役の鎌苅さんとか、なるほど確かにお父さんだ…。「イケメンポーズ」では鎌苅さんの提案で、雑誌の撮影みたいにシャッターごとにポーズ変えて!っていう、ほらアレ、ファッション系のインスタのストーリーに撮影風景とかいってたまにアップされてるやつ。アレをやってくれて、個人的には本物をナマで見れて感動しました。やっぱりプロってスゴイね! パッ、パッ、パッ、って次々ポーズが出てくる。当のご本人たちは恥ずかしくて死にそうだったそうだけど。

最後はプレゼント抽選会。「(1)サンリオグッズ 7名様」って書いてたけど、(2)以降は別にない。内容も紹介してくれて、スパグル2弾とみんくじの在庫品をメインに他もちょいちょいって感じでした。在庫というか不良対応用のを流してきたのかな?
パグルの謎シャツワンピも入っていて、話を振られたゆうたろうさん(本職ショップ店員)が即座にコーディネート案を出してたのはちょっとカッコよかったです。

終演

2部では抽選会の後にお誕生日だったKIMERUさんをお祝い!プレゼントはぐでたまのチェキ☆

そんなところでお開き。

MC「(台本を読みながら)締めはいつもの“アレ”でお願いします!」
座長「“アレ”?」

そして別にいつもやってないコールで締め。

まとめて感想

5月と6月1部は運良く最前列で鑑賞できました。ありがとうございます!

この頃疲れやストレスが溜まりやすくてしんどい日が続いてたんだけど、それでもイベントの最中は終始笑顔でいることができて、もう本当にありがとうございます…。

それはそうとして、ふと最初のリリイベのことを思い出して、あの時は物販があったり新商品としてパンフレット?があったりチェキくじまであったり、ロビーでも衣装や寄せ書き色紙の展示があったり、抽選会の景品も盛りだくさんでやたら豪華だったり、今にして思えばアレが相当珍しい形だったんだろうけど、いやでも忍迅やアマテラストのお衣装は間近で見てみたかった…。