CanLya blog

SHOW BY ROCK!!中心にイベントとかグッズとかの感想とかレビューとか

【33rdキャラ大】東京メトロスタンプラリー

サンリオキャラクター大賞開催記念☆東京メトロスタンプラリーを回って来ました。

f:id:canlya:20180506123248j:image

スタート前

スタート地点とゴール地点

わたしの地下鉄拠点は新木場です。新木場発銀河鉄道!ということで、ここからスタート。

ゴールは銀座一丁目&サンリオワールドギンザに設定。銀座のサンリオショップって大きくていろんな商品があって楽しい!っていうのと、銀座周辺にあるアンテナショップでお買い物して帰りたかったから。拠点の新木場にも近いしね。

リーフレット

ハガキを縦に2枚並べたサイズの細長い形状です。三つ折りを開くと約30cm四方の大きさで、中はパスポート仕立てのデザインがかわいい☆

新木場駅では改札内リーフレットが設置してあったので、さっそくゲット。

f:id:canlya:20180506123303j:image

去年、スタンプ設置駅で一緒に調達しようと思ったらラックから切れていて、お陰で別の駅へ取りに行って戻ってくるという二度手間を食らったので、見つけたらそのうちに確保しておくのがベターです。

東京メトロ24時間券

スタンプは改札外にあるので、当然その都度運賃がかかっちゃいます。そこでこのフリーきっぷ!600円で乗り放題!

f:id:canlya:20180506182701j:image

磁気切符なので、マグネットタイプのスマホケースとかには気をつけて。

ラリースタート

ルート

とりあえず新木場を発った後、電車に揺られてプランを練りつつ、最終的に回ったルートはこちら。

  1. (新木場)
  2. 市ヶ谷
  3. 高田馬場
  4. 東池袋
  5. 新宿
  6. 湯島
  7. 銀座一丁目
  8. (新木場)

乗り換えとか詳しい経路は以下に。

市ヶ谷(有楽町線南北線

新木場からは有楽町線が出てるので、とりあえずそれに乗って、まずは市ヶ谷へ。

地下鉄の駅は改札や出口がたくさんあることが多いですが、構内にはスタンプ場所への案内掲示が出ているので、迷子の心配もありません。

f:id:canlya:20180506123538j:image

スタンプは改札を出て右手、切符販売機の奥にありました。

f:id:canlya:20180506123558j:image

スタンプは浸透印タイプみたい。
ゴム印をインキにポンポンしてペタッとするのがよくあるけど、それと比べて、手や身の回りのものが断然汚れづらいです。これは頼もしい!

f:id:canlya:20180506123931j:image

インテリモテ…。

高田馬場東西線

市ヶ谷の後は有楽町線でもう1駅進み、飯田橋東西線に乗り換えて高田馬場へ。

スタンプ場所は改札を出て目の前やや左手、路線図の隣です。

f:id:canlya:20180506140648j:image

スタンプと一緒にリーフレットを置いてくれていて親切☆

f:id:canlya:20180506152936j:image

食いしん坊め!

東池袋有楽町線

何となく高田馬場へ来たけど、ここからどう動こうか。近いのは新宿や池袋で、どちらへもJR山手線を使ってそれぞれ5分足らずで行けるけど……そう悩んだ結果、ペットボトル1本分の電車代をケチって、歩くことにしてみました。
池袋を目指してみましょう。細い路地も多いけど、線路沿いに行けば迷うこともなし!

f:id:canlya:20180506141017j:image
道中見かけたフォトジェニックな郵便ポスト。

30分ほどかけて池袋に到着。ちょっと寄り道。

f:id:canlya:20180506141139j:image

池袋駅からサンシャイン通りを目指し、ビル内を経由して東池袋駅

スタンプ場所は新木場側の通路。ガランとした場所に設置されてました。

f:id:canlya:20180506141445j:image
もっとちゃんとカイ君のお顔を整えてあげれば良かった…。

さておき、こちらもリーフレットをすぐ近くに準備してくれています。足元にも、列を作るための目安のラインが引いてあったり、用意周到。

スタンプに繋げられたワイヤーがちょっと短めだったので、台の右寄りでスタンプを押すといい感じです。

f:id:canlya:20180506153002j:image

サンシャインっていろんな施設があるよねー。

新宿(丸ノ内線

東池袋からまた池袋へ戻るのだけど、今回は有楽町線に乗って池袋へ。
池袋で副都心線に乗り換えて、新宿三丁目
そこから地下をトコトコ歩いて、いつの間にか新宿駅になっていて、丸ノ内線の改札を越えた辺りにスタンプ☆

f:id:canlya:20180506143510j:image

目印は……何だろう、何か交差点みたいなとこ…。

f:id:canlya:20180506153042j:image

うわあああああああああ!!!!!!

前の人がスタンプを横向きに戻していったみたい……もう一つ言い訳すると、どの駅のスタンプもそうなんだけど、スタンプ上側にはめてある印面イメージが斜めになっていて、見た目に上下がわかりづらいの…。
スタンプを持った時、持ち手部分の上側だけ窪んでいるみたいなので、それで判別するのが安全です。ちゃんとしっかり持ち手の真ん中を持とうね…。

新宿ではお昼ごはんを兼ねてちょっと休憩(1時間)。

f:id:canlya:20180506153752j:image

湯島(千代田線)

新宿駅から丸ノ内線で国会議事堂前へ、千代田線に乗り換えて湯島へ。

天神側の改札を出て、そのまま前に少し進むと前方右手寄りにスタンプ。

f:id:canlya:20180506163701j:image

ホームの両端に階段がある駅で、上る階段を間違えると引き返す距離が長すぎてちょっと切なくなるやつです。

f:id:canlya:20180506163838j:image

下町って雰囲気の場所はあまり来たことないなぁ(そして今回も駅構内から出ず…)。

銀座一丁目有楽町線

もうすぐゴール!

湯島から千代田線を引き返し、日比谷に。日比谷から銀座一丁目まで歩きます!
またかって感じですが、今回は10分程度なので大丈夫。

地上に出て、手近な入口から地下へ。「スタンプはこちら」の案内に従って、奥へ、奥へ……たぶんコレ、駅を端から端まで歩いてる!やられた!!

f:id:canlya:20180506181401j:image

スタンプコーナーは何だか窪まったスペースに収まってました。

f:id:canlya:20180506181535j:image

銀座って、立ち並ぶお店からして雰囲気あるよね。

Sanrioworld GINZA

スタンプが全部集まって、最後は賞品交換!
交換店舗の一つである銀座のサンリオのお店は、西銀座デパートに入っています。

f:id:canlya:20180506181758j:image

日比谷駅銀座一丁目駅の中間くらいにあるので、ちょっと引き返したカタチ。

サンリオのお店が1階と2階にあって、交換は2階。1階のお店のすぐ側の階段じゃなくて、館内中ほどのエスカレーターを使った方がわかりやすいです。
広いお店でレジも複数あるんだけど、どのレジでも対応してくれるみたいで、カウンターにポップも出てました。

2箇所にスタンプを押してもらって、完成!

f:id:canlya:20180506210358j:image

賞品は100キャラシール☆
使うのが何だかもったいないから、当分はこのままコレクションしとくの。

f:id:canlya:20180506210500j:image

最後に寄り道。
再度、銀座一丁目駅までの道を引き返して、高知県のアンテナショップに。

f:id:canlya:20180506182140j:image

ここでサンリオトリビア☆キティちゃんの現デザイナー・裕子お姉さんは高知の出身なんだって。

楽しんだ後は有楽町線に乗ってホームの新木場へ帰還です。

ふりかえり

新木場駅を出発したのがお昼の12時前、ゴールの銀座のお店に着いたのが17時半頃で、所要時間5時間半(うち休憩1時間)。
歩数計は付けてないので、どのくらい歩いたかは謎。

今回の個人的な目標は、「なるべく同じ道を通らず、スマートに回る」。

前半はイイカンジだったけど、湯島駅の千代田線往復と、ラストの銀座周辺のウロチョロがちょっと残念…。湯島はともかく、銀座はいっそ最初に銀座一丁目駅でスタンプだけ押して、ゴールはゴールとして銀座駅を目指せばもうちょっとスマートだったかも…。
ちなみに高田馬場から歩いたことは、自分的にはオッケーです。

わたしは今回、1日で全部回っちゃいましたが、たとえば1日に1〜2駅を回ることにして、スタンプ設置駅の周辺も散策してみるプランも楽しそう。普段なら立ち寄る機会のない駅もあるだろうし。

暑い日が増えてきたので、熱中症には気をつけて、楽しくラリーましょう☆☆☆