CanLya blog

SHOW BY ROCK!!中心にイベントとかグッズとかの感想とかレビューとか

CDジャケットデザイン

CDジャケット柄の商品が出ていて、個人的にもCDを取り出す機会があったので、CDジャケットデザインについて語りたい。

f:id:canlya:20180415232706j:image

先日PCの調子が悪くなっちゃったから新調して、その時のゴタゴタで音楽データが飛んじゃったので、CDを引っ張り出して再び曲を取り込んでおりました。

はてさてアニメの楽曲はバンドごとに制作チームを立ててて、それでジャケットデザインなんかもそれぞれでやってる、って話があったような記憶があります。

SHOW BY ROCK!! オリジナルCD(アプリ版)
トライクロニカ

f:id:canlya:20180425014818j:image
2015/3/14リリース。

原作世界から飛び出してきたかのようなデザインで、いやおうにもテンションビンビンするね!!

当初はキャラカラーとか意識されてなかったように思うけど、ジャケットのこの赤青緑の光の三原色なパステルカラーリングにときめいたものです。3人いればあらゆる色で世界を照らせるんだよ…!夢銀河レインボー☆☆☆

メンバーカラーはアニメ前後でごちゃごちゃしつつ、カイ君=オレンジ、リク君=ライトブルー、シュウ☆ゾー君=グリーンで落ち着いた感じ。
ごちゃごちゃ期にはリク君とシュウ☆ゾー君の色が逆の、ジャケットと同じ取り合わせのグッズもいくつか出てました。

f:id:canlya:20180426004918j:image

グッズ関連でもう一つ。
「シンプルデザイン」初出時のグッズに巾着があったけど、トライクロニカのはCDジャケットと同じ構図のデザインになっていてお気に入り☆

f:id:canlya:20180425085208j:image

CDに戻って、帯にはシュウ☆ゾー君からのメッセージ☆

f:id:canlya:20180425090108j:image

「待っていたよ、キミの事っ☆」とか「ボクと一緒に夢銀河を探しにいこうよっ!」とか、アニメのPVやブロマイド実装の頃を思い出すフレーズで、初めて出会った頃のトキメキが蘇ると同時に、トライクロニカのエターナルフレーズだなぁって思います。

レーベルの惑星の軌道みたいな意匠は、バンドロゴのものかな。

f:id:canlya:20180425015102j:image

このCDは、各バンドで基本的なデザイン構成は同じながら、裏ジャケットやレーベルにそれぞれのバンドらしさがシンプルに表現されていて、どれもこれもスマートでスタイリッシュな仕上がりで素敵です。

『キミと☆Are You Ready?』

f:id:canlya:20180425015125j:image
2015/5/20リリース。

アニメ1作目!
「トライクロニカってこんなバンド☆」ってアピール力を感じる……どこまでもキラキラな明るいピンク色をベースに、裏側までキャラクターのお顔が多めのレイアウト。

f:id:canlya:20180425124515j:image

フォントも上品なセリフ体でイメージにぴったりです。

表面はこちらに微笑みかける3人のバストアップで、やっぱりお顔や姿形を全面に出してるのが特徴というか、曲の世界観だけでなく、それを演奏している彼ら自身へのスポットも強く当てているというか。アイドルバンドだしね!

f:id:canlya:20180426091743j:image
曲も、後の2枚に比べると、より強くバンドを象徴するような内容だからか、表情や視線にもどこか普段以上の気合いを感じます。

ディスク下や歌詞カードには3DCGのミニキャラ。

f:id:canlya:20180425065552j:image

アニメシーンの一部だけど、暗めの背景に浮かび上がるような感じで、光に満ち溢れたキラキラな表側の印象とはちょっと違います。内側にデザインされているあたり、二面性とか別の一面を表現してたりするんでしょうか。

レーベルは濃いめのピンクでキラキラポップ☆

f:id:canlya:20180425015200j:image

左上よりで大きな星が弾けてるのは、アプリ版ジャケットをも思わせます。

『今夜は星空ディスコティック☆』

f:id:canlya:20180425015227j:image
2016/6/22リリース。

星空を翔ける姿が疾走感とスタイリッシュさを振り撒いて、何か妙に好きな絵!
『キミと☆Are You Ready?』が太陽の降り注ぐ光みたいに優しく手を差し伸べてくれるのなら、こっちは流星のように星空の彼方まで連れて行ってくれるような。

バンド名というかバンドロゴが絵の一部になってるのがちょっと独特。曲名のロゴはどこかネオンサインちっくでディスコティック☆

f:id:canlya:20180426025943j:image

曲名にも入ってる「星空」だけど、トライクロニカのテーマは夢銀河だから、こういう銀河的なものはとてもしっくり来ます。

f:id:canlya:20180425065657j:image

背景とっても綺麗……パステルカラーのレインボーもいいけれど、こんな紺碧を背にするのも輝きが引き立っていいと思うの。

レーベルはホワイトベースにブルーとシルバー。ちょっとミラーボールっぽい。

f:id:canlya:20180425015253j:image

カップリングの『ときめきレモネード』も月夜のダンスパーティーみたいな内容の曲で、CD1枚の中でテーマがはっきりしてるように感じます。気分を上げたい夜にかけたいね。

『胸騒ぎJust☆Paradise』

f:id:canlya:20180425015316j:image
2016/11/16リリース。

歌い出しの「暑い波間の highway 走り抜けて〜」を彷彿させるワンシーン。CDの発売は木枯らしの吹く頃だったけど、爽やかな風の走り抜けるリゾート感の溢れる1枚です。

f:id:canlya:20180426030059j:image

白い長袖フリルシャツのシュウ☆ゾー君と、派手柄アロハシャツのツインズが素敵コントラスト☆一方で、オデコのサングラスや首元のレイは色違いのお揃いで、3人で楽しく仲良くバカンスを満喫してる感じでいい雰囲気☆☆ツインズの視線もカメラじゃなくて進行方向だったり、リラックスしたナチュラルな表情が実にいいです。髪をかきあげるカイ君がたまらないね! カイ君の前髪は右分けなので、向かって左を向くとお顔にかかる前髪の量の割合が増えて、そうすると表情もどこか大人びて見えてきて、夏は少年を大人にするのさ。

バンド名もオープンカーのサイドデカールとして組み込まれてて、そのロゴも正規のものじゃなく、ちょっと遊んだデザイン。バックミラーの花飾りもいいアクセント☆

f:id:canlya:20180426030152j:image
全体に漂う、気取らない抜け感がとっても魅力的で、見ていると会話が聞こえてくるような、わくわくしてくるジャケットイラストです。

背景も、街路樹のどこまでも続いてくデザインが、楽しい時間もどこまでも続いてくのを期待させてJust☆Paradise!

f:id:canlya:20180425065754j:image

レイアウト自体は『今夜は星空ディスコティック☆』と同じなんだけど(デザイナーさんも同じっぽいね)、絵柄がシームレスでグレードアップしています。毎回背景画はうっとりするくらい綺麗。

帯にもコピーが付きました!

f:id:canlya:20180425090537j:image

「キミのハートに胸騒ぎJust☆Paradise」っていいですね、声に出して読みたい夢銀河ワード。

帯のテキストは1期やしょ〜との時も、バンドによってあったりなかったりで、この辺もバンドごとにチーム立ててるっていうことの影響でしょうか。

レーベルはジャケット画を2値化したデザインで、ちょっと手抜き感。

f:id:canlya:20180425015345j:image

オマケ

トライクロニカじゃないけど関連バンドも。

Amatelast『Cadenza』

f:id:canlya:20180425015410j:image
2016/11/9リリース。

トライクロニカのと比べると何だか趣向を凝らしたデザイン!
ジャケットにはボーカル一人しかいないのか…と思うと、色々深読みできそうです。深い意味はなさそうですが。

歌詞カードも雰囲気が違う。

f:id:canlya:20180425065943j:image

1曲のみ収録っていうのもあるかもしれないけど、トライクロニカはシンプルにオーソドックスな王道レイアウトだったのに対して、額縁とか付いててちょっと尖った感じ。

ディスク下。MIDICITYの月は綺麗…。

f:id:canlya:20180425070003j:image

この月や、曲名の頭文字の「C」とか、円形のモチーフが印象に残ります。

帯。他のバンドと違って、『SHOW BY ROCK!!#』って作品ロゴがありません。何か特別感!

f:id:canlya:20180425091354j:image

レーベルは、これもジャケット画がプリントされてるんだけど、黒と濃紺の2色刷りでかなりオシャレで高級感というか気高さを感じるというか。

f:id:canlya:20180425015439j:image
でも個人的には、アニメの作中に出てきたのと同じ白盤風のデザインだったら良かった気がする。

エンジェリック・ツインズ
『男ゴコロ☆天使ゴコロ!』

f:id:canlya:20180425015500j:image
2016/12/29リリース。

曲名よりアーティスト名を目立たせたレイアウトがいいですね!
どっちが曲名でどっちがアーティスト名なんだかわからなくなりそうですが、この先エンジェリック・ツインズ名義で新曲が出ることはまずないので、何かどっちでも大丈夫な感じです。

それはそうとして、瑠璃色の空を背に白い月と瞬く星に照らし出されたエンジェリック・スマイルがひときわ輝いて、何の変哲もない構図だけど、うん、こういうのでいいのよ、こういうので。

f:id:canlya:20180425070121j:image

背景なんかは、もともと『SHOW BY ROCK!!刑事』用のものだから、「怪盗の出現予告のあった夜の摩天楼」的なイメージのものだと思うんだけど、歌詞の方も、夜空を見上げて日記をつけながらふぅと溜息をもらしていたら天使が舞い降りてきた…的な感じ(※個人の解釈です)で、そんな雰囲気とマッチして悪くない感じです。キラキラエフェクトは偉大。

今をTOKIMEKU帯。

f:id:canlya:20180425091501j:image

あくまで「『SHOW BY ROCK!!刑事』挿入歌」って扱いなのが面白いです。『SHOW BY ROCK!!』の曲ではないし、イメージソングっていうのとも違う。

レーベルは何か新鮮なカラーリング。

f:id:canlya:20180425015524j:image

惑星柄の『煌☆Chronicle』もそのうちリアルCDが出るんでしょうか。期待して楽しみにしていましょう。

f:id:canlya:20180427153532j:image