CanLya blog

SHOW BY ROCK!!関係のイベントとかグッズとかの感想とかレビューとか

JOYSOUNDコラボ

JOYSOUND直営店へも地味に足を運んでます。
image
ドリンクは去年に引き続き、アルコール入りとなしと同じものを2つ頼む。

ということで、まずはコラボドリンク。
トライクロニカ☆
image
去年のレインボーカクテルに比べるとかなりシンプルな見た目です。シンプルというか、トライクロニカにしてはちょっと地味?
ライチなブルーシロップとクリアなソーダはステアしても透明感が失われなくて、クリスタルを透かしたみたいに綺麗です。限りなく透明に近いナントカ。爽やかな青空を汲み取ったみたいで、そこはたしかにトライクロニカっぽい!
お味は……うん、ちょっとマンゴーの青いところが固かったかな。わりと普通のソーダなのよね…。

その他味見したものもの。
シンガンクリムゾンズ。
image
ベリー尽くしで、これは普通に好み!
アルコール入りをいただきました。ラムです。ラム好き。キューバリバー好き。

クリティクリスタ。
image
これも普通に美味しい!好き!
ベースはイチゴ牛乳プリンってことだったけど、飲むゼリーみたいなぷるぷる食感で甘くて美味しかったです。
しかし見た目はシンガンドリンクとかなり似ています。出てきた時は一瞬注文間違えたのかと思った。

有栖川メイプル社長。
image
ピーチティー? やっぱり桃の風味が強かったです。桃ドリンクって感じ。

ベリー類が個人的に大好きなので、シンガンクリクリのドリンクがお気に入り。アルコールなしならクリティクリスタで、ありならシンガンクリムゾンズ。
でもトライクロニカも見た目は本当にピカイチです。クラッシュアイスは宝石星だし、沈んだマンゴーはほのかに緑色を帯びてとっても幻想的。夢銀河サイダーや、もっと以前からのクリームソーダを嗜むシュウ☆ゾー君のイメージでトライクロニカは炭酸ドリンクの印象があるけど、クリアブルーの中を小さな気泡がしゅわしゅわと立ち上る様はさながら銀河の流れか宇宙の底から吹き出す星の間欠泉のようで、まさしく夢銀河トラベルツアー☆☆で、やっぱり炭酸飲料はよりトライクロニカ的だなって思います。

そして注文特典!
まずは前半のコースター。
image
トライクロニカのを交換こしてもらいましたーえへへ>ω<
相変わらず自分ではゲットできない。

表面がPPコートされててツヤツヤです。コースターってマットな紙の質感そのままのばかり見てきたから、ちょっと豪華に感じる。
イラストも相変わらずキラッキラ☆です。シューティングスターな躍動感がトキメキをキミにっ☆って感じで直球レインボーないい絵だよね!

後半のブロマイド。
image
シュウ☆ゾー君のを(以下略
こうしてじっくり見ると、他の子もそうなんだけど、構図やポージングなんかのこだわりがハンパないです。
担当されたデザイナーさんも細かいところまで描き込まれる方なのかな、スカーフのひだひだとかとってもゴージャスです。個人的にはもうちょっと大味というかデフォルメしてあるくらいが好きなんだけど、これはこれで……あと全体的に立体感があって、こっちのさじ加減はかなりツボです。あからさますぎず、それでいて質感や量感があるというか。特にお耳のふわふわがふわふわで髪の毛のボリュームとも合わさってシュウ☆ゾー君まさしく太陽!さすがシュウ☆ゾー君!!
ポージングも、いつもとマイクの持ち方が違ってて、このスタイルもカッコいいなーさすがシュウ☆ゾー君!!
スタイルばっちりに歌いながらパフェやドリンクのトレイを持っているのはシチュエーション的に謎ですが、本当に絵になっていてさすがシュウ☆ゾー君!!

他の実物を見た中でも、クロウ君の襟元のファーとかふっさふさで、何より見返りポーズの尻尾の表情がとても印象的で見とれるし、ロージアたんのスカートの翻りとかそこから覗くガーターとか、何か情熱というかリビドーというかひしひしと感じるものがある……実物の大きな絵では見れてないけど、シアンちゃんも同様にドロワーズの裾がチラリズムしてて、あれはきっとヤバイ。
それにしても、シンプルデザインやアニメの3DCGもいいけど、個人的に一番好きなデザインはやっぱりアプリ絵な気がします。いや悩むけど選べないけど。
しかしこれはちょっと他の子も拝みたいなぁ、特に嵐サンが個人的に気になる雰囲気です。

ブロマイドは5/28の土曜日に水道橋のお店へ行って、午後イチくらいだったかな、フロントのお姉さんには「もしかしてコレですか?」とコラボメニューを出されながら言われる……。いわく、「今日はこのお客さんばかりで朝からずっとドリンク作ってるんですけど、何かイベントとかあるんですか??」って、いや何もないと思うけど……って思ったんだけど、後々よく考えればブロマイドに切り替わって最初の終末だったね…。

大元のキャンペーンの歌唱回数の方は、やっぱり目標数の桁を一つ間違えた感がひしひしとしますが、たとえばトライクロニカなら、期間中に100回歌う熱心なファンが100人いるとして、50回歌うファンが300人いるとして、10回歌うファンが1000人、あとは1~2回くらいの人が5000人くらいとして、これでぎりぎり達成するくらいか……いややっぱり難しいな…。
わたしも熱心なファンになれるようにがんばります。